ビルドマッスルHMBって結局何なの?

ビルドマッスルHMBという言葉を初めて見ると、筋肉系の何かという以外は全く謎のベールに包まれている気がします。

ビルドマッスルHMBの外見

普通に筋トレが日課になっている僕はHMBという言葉を知っていたから、ぱっと見でサプリ的な何かだろう?としか理解出来ましたけど、一般的には意味不明だと思われます。

そんな不思議なアイテムであるビルドマッスルHMBを調査してみると、モテる身体を作り上げたい人とか、ガリガリだったりブヨブヨに太っていたりする人が肉体改造に使うサプリである事が理解できました。

ガリガリ&ブヨブヨの悩み

とは言え、これだけを見るとビルドマッスルHMBってプロテインの怪しい奴?とか思ってしまいますよね。

でも、実はガリマッチョを目指す際に役立つサプリメントだったりするのです。

ガリマッチョを目指して筋トレを頑張っていても、プロテインの飲み方を間違えるとガチムチ方面へ進んでしまう時があります。

一生懸命筋トレしまくる様子

一生懸命に鍛えていても、不思議な事に脂肪も筋肉もある意味バランス良く育っちゃう時があるのですよ。

そんな悲劇を引き起こさないサプリメントが、このビルドマッスルHMBというわけです。

簡単に言うと、プロテインを飲むよりも、効率的に筋肉に必要な成分を摂取&吸収出来ちゃうという感じですね。

もし、プロテインを間食にしたりして食事を上手に調節しつつトレーニングをしているけど、何故か脂肪が落ちにくい場合は、ビルドマッスルHMBが役に立つ可能性が高いです。

ビルドマッスルHMBの取扱店はここです。https://mens-drug.com/

ビルドマッスルHMBとプロテインとの違い

ビルドマッスルHMBと通常のプロテインは少し違うわけですが、実際に何がどう違うのか解説します。

まずビルドマッスルHMBの名称の一部となっているHMBは、3-ヒドロキシイソ吉草酸とも言われる必須アミノ酸ロイシンの代謝中間体です。

ロイシンの解説

わかりやすく言えば、タンパク質(プロテイン)を構成する物質みたいなものです。

そのHMBは、筋肉が減るのを防いだり、さらに増大させる効果があるから、筋トレのサプリとしては素晴らしいものだと考えられます。

でもプロテインからHMBを摂取するとなると、1日の必要量に達するには、大体20杯くらいという、かなり沢山の量を飲む必要があるのです。

プロテインのパック版

こうなると、普通にカロリーオーバーの原因にもなりかねません。

しかしビルドマッスルHMBだと、1日分のHMBを僅か4kcalで摂取可能だからスゴイですね。

こうして筋肉が分解されないようにしてくれるのだから、安心して食事制限やトレーニング等のダイエットに励む事が出来るようになります。

低カロリーなビルドマッスルHMBの特徴

このような理由からビルドマッスルHMBは、ガリマッチョを目指す時にプロテインよりも使えるサプリメントだと言えるのです。

でも、ゴリマッチョになりたいという場合でも、何気に役に立つので、ゴツくなりたい時にもプロテインと併用すれば効率的にデカくなる事が可能だから、その辺は目的に合わせて使い分ける感じが良いでしょう。

ビルドマッスルHMBの効果

ビルドマッスルHMBを飲むと、一体どんな効果があるのかと言うと、超低カロリーで筋力アップしやすい栄養が摂取可能だから、筋肉を減らさないで痩せやすくなるという感じです。

HMBが効果を発揮する条件

実際、プロテインにも痩せたい人向けの商品が存在しますが、結局かなりの量を飲まないと効果を上げる上で重要なHMBが必要量に達しないわけですね。

この点から、体脂肪が少ない状態で筋肉を付けたい時には、ビルドマッスルHMBがより効率的である事がわかります。

例えば、今流行っている短期間で体脂肪を減らしまくるジムがありますが、そこでは炭水化物や脂質を摂らないで、小腹が空いたらプロテインを飲めとか言ってたりします。

プロテインがぶ飲み

確かに炭水化物と脂質を抜いたら、一気に体脂肪を削る事が可能ですが、間食でプロテインを飲みまくっていたら意外と痩せるペースが遅くなるのです。

便利なプロテインでも一定量を超えると、普通に脂肪が付いてしまうのが現実と言えるでしょう。

ただでさえ苦しい筋肉量を維持しながら体脂肪を減らす作業を少しでも楽にしてくれるアイテムが、このビルドマッスルHMBなのです。

それでも普通にプロテインを間食に活用して、あっさりと筋力アップと体脂肪減に成功する人もいるので、初めて筋トレでガリマッチョを目指す時は、とりあえず安価なプロテインを試してみるのも1つの手だと思います。

目指せガリマッチョ

こうして行き詰まった時にビルドマッスルHMBに頼っていくのが良い流れですね。

当然、最初からストイックに鍛えて、食事も制限しまくりたい時は、普通にビルドマッスルHMBを最初から活用するのも大有りです。

この辺りは、トレーニングをする人の目的次第と言った所です。

ビルドマッスルHMBの成功率を上げる飲み方と食事法

ビルドマッスルHMBを活用して、筋肉量を増やしたい場合や体脂肪を減らしたい時に、より成功率を上げる飲み方や食事法についてわかりやすく解説します。

元々ガリガリで、今から筋肉を付けていきたい初心者の場合、これは意外と難しくありません。

筋肉を付けたいガリガリの人

既に体脂肪が付きにくいので、全身を週に2回以上刺激出来るように筋トレのメニューを組んで、後はビルドマッスルHMBを食間とトレーニング後に飲めばOK。

でも、朝昼夜の食事で、魚や肉といったタンパク質が豊富な食品を意識して食べるようにしていかなくてはなりません。

そして、ご飯や麺類といった炭水化物もしっかりと食べる事で、筋肉へ栄養を送り込めるようになります。

炭水化物も食べる

もし、脂肪が付きすぎそうになってきたら、後述する体脂肪が多い場合の方法を参考にしてください。

次に現在体脂肪が多くて、何とかガリマッチョを目指したい時です。

こういう場合は、かなりビルドマッスルHMBが活躍してくれます。

これもガリガリから筋肉を付ける時と同様に間食の代わりとトレーニング後にビルドマッスルHMBを摂取します。

そして、しっかりと筋トレを行って、後は主食の改善ですね。

シンプルに説明するなら、白米や麺類、芋などの炭水化物を減らすわけですが、ちょっとコツがあるのです。

体重と体脂肪を測定する

最初は夕食の炭水化物を半分にして、体重や体脂肪の増減を毎日確認・・・。

ここで少しずつでも減っていれば、減少が止まるまで同じ食事を継続します。

そして停滞したら、半分だった夕食の炭水化物を全部減らします。

その後、また体脂肪や体重の減少が停滞したら、次は昼食の炭水化物を半分にして・・・という感じで段階的に減らすのです。

割れた腹筋

こうする事で一気に炭水化物抜きにする時と違い、体脂肪の減少が停滞しにくくなります。

モチロン、筋肉の栄養源として摂取カロリーを低く抑えてくれるビルドマッスルHMBが活躍してくれるからこそ、こういった食事制限の効果が上がりやすいのです。

ビルドマッスルHMBをお得に購入するには?

ビルドマッスルHMBは単品で購入すると、実は1袋7900円して、ちょっと高級感が漂っているわけです。

でもよく見ると、トクトクコースなるものが存在していて、これを活用するとお得に購入出来るので、単純にお試してみたい場合に役立ちます。

で、何がどうなるのかと言うと、30日分の初回購入価格が実質無料になり、さらに2回目以降の価格も5925円と安くなります。

1回目がタダと言っても、さりげなく送料の500円が必要なので、そこは注意ですね。

トクトクコースの詳しい内容

あと、このトクトクコースには条件があり、3ヶ月以上の継続する必要があります。

とは言っても、ビルドマッスルHMBみたいなサプリメントは続けて飲んでナンボなので、逆に歓迎する条件ですね。

1ヶ月だけで筋トレとサプリメントの成果を体感するとか、普通はなかなかありえないので、やはり3ヶ月とか半年とか続けるべきです。

そこで単品で3ヶ月試すとなると7900円×3で23700円となりますが、トクトクコースで買うと1ヶ月分が500円と5925円が2ヶ月分で12350円となります。

これだと大体半額くらいになるので、どう見てもお得です。

でも、ここで心配になるのは、途中で購入をストップする事が出来るかどうか・・・?。

もしも、ビルドマッスルHMBが身体に合わなかったりしたら、超絶に困ってしまいますからね。

そんな時でも毎月の発送日の7日前までに連絡するだけで、簡単に休んだり再開する事が可能なので安心でした。

ビルドマッスルHMBの公式サイト

https://mens-drug.com/

俺の筋肉が歓喜するHMBサプリ

ビルドマッスルHMBの自信あり過ぎな返金保証

ビルドマッスルHMBには、さらに返金保証なるものが付いていました。

安価で3ヶ月継続出来る上にこんな保証とか、ちょっと自信あり過ぎじゃないかと思ってしまうくらいです。

返金保証は、とりあえず毎日ビルドマッスルHMBを飲み続けて、もしも効果が感じられなかったら全額返金してくれるわけですね。

返金保証の全貌

これはトクトクコースを申し込んでいる場合で、3回目までの納品書と商品パッケージを保存しておくという条件付きで使える安心過ぎるサービスとなります。

だからビルドマッスルHMBが送られてきたら、しっかりと本体以外の部分を無くさないようにしておく事が重要です。

ちなみに全額返金保証は、4回目発送の7日前までに電話するだけで利用可能ですが、4回目が発送されたら使えなくなるので注意ですね。

この全額というのは、トクトクコースの3ヶ月分という事です。

こんな感じで、気になったら即試す事が出来るのが、ビルドマッスルHMBの大きな特徴と言えるでしょう。

でも、全額返金保証があるからと言って、何のトレーニングもしないで、意味なく飲み続けるだけというインチキをしちゃ駄目ですよ・・・って、このサプリを使う人は筋肉付ける事が目的だから、こんな事はないでしょうけど(笑)

あくまでもビルドマッスルHMBは、筋力トレーニングをサポートしてくれるサプリメントなので、努力の効果を最大限に上げてくれるものだと考えましょう。

>>ビルドマッスルHMBをお試ししてみる

ビルドマッスルHMBとBCAAとの違いって何?

ビルドマッスルHMBとBCAAの違いがよくわからないので、ここは素直に調査してみました。

まずプロテイン並に有名な筋力アップ系サプリメントと言われているBCAAに注目してみます。

サプリメントの入れ物

BCAAは必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンの事です。

これらアミノ酸を摂取しておいてから運動をすると、筋肉に必要なタンパク質が分解されにくくなります。

だからBCAAが筋トレに役立つサプリメントだというわけですね。

では、ビルドマッスルHMBの方は、一体どんな感じになっているのでしょうか。

その前に先程の必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンのうち、ロイシンが筋力アップする上で重要だという事を認識しておく必要があります。

このロイシンの代謝物質がHMBと言います。

ナイスな筋肉

とにかくロイシンはHMBに変わらないと筋肉への好影響を与える事が出来ないのです。

だから最初からHMBを手軽に摂取できるビルドマッスルHMBは、とても便利だというわけですね。

さらにビルドマッスルHMBには、BCAAも入っていて実に効率的なのです。

また筋肉作りに役立つ成分で、安全性が高いものが多く入っているのが特徴。

まとめると、ビルドマッスルHMBは凄く効率化されたBCAAに、他の成分がプラスされたサプリメントだという事です。

BCAAやプロテインなど分けて沢山のサプリメントを購入すると、激しい出費になりますよね。

嬉しそうな財布

でも、ビルドマッスルHMBを使うと、筋肉への好影響だけでなく、かなりお財布にもやさしくなってくれるのです。

ビルドマッスルHMBを女性が飲むとどうなる?

考える女性

ビルドマッスルHMBをもしも女性が飲んだとしたら、一体どうなるのかでしょうか。

もしこれがホルモン関連の危ない薬物だったなら、思いっきりアウトですよね。

でも、ビルドマッスルHMBは、プロテインの超効率が良いバージョンみたいなものです。

だから、女性のダイエットにも、実はかなり役に立つサプリメントだったわけですね。

ビルドマッスルHMBは見た目は、ハードな筋トレをする男性向けに見えます。

ダイエットに成功した人

でもこの筋トレって、何気にスゴイダイエット効果を秘めているのですよ。

詳しく解説すると、筋肉が強くなった部分の周囲には、ぷよぷよな脂肪がつきにくくなるのです。

何故なら、強い筋肉は、体脂肪をエネルギーにしちゃうからなんです。

と言う事は、ビルドマッスルHMBを飲みながら、筋肉が強くなりやすい状況にして、全身を鍛えれば健康的にリバウンドしにくい身体を作り上げる事ができちゃうのですよ。

具体的には、筋肉が10%増えると基礎代謝が、その倍の20%程度アップするのだから驚きです。

さらに筋トレすると、多くの成長ホルモンが出てきます。

コラーゲンの力を体感する女性

これはコラーゲンの生成を促してくれるというから、もう一度ビックリです。

また、成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれていて、どんどんキレイに近づけるわけですね。

こうしてビルドマッスルHMBで栄養補助しつつ「筋トレ」を続けると、運動不足だった時はあった「むくみ」が改善され、ハリのある身体をゲットとなるから嬉しいですね。

結局の所、女性が筋トレしながらビルドマッスルHMBを飲むと、かなり良い事になる可能性が高いというわけです。

ビルドマッスルHMBは初心者でも大丈夫?

ビルドマッスルHMBを初心者が使っても大丈夫かという話ですが、ぶっちゃけると問題無しです。

どうしてかというと、現在ガリガリやプヨプヨ状態で、これから筋肉を付けたいという場合、何と言っても効率が重要となります。

初心者だと、思わず色んなサプリメントが気になってしまい、気付いたら遠回りしていたなんて事もありえます。

サプリメントがいっぱい

例えば、タンパク質含有量が少ないプロテインを、ただ安いからと言って選んでしまうみたいな感じですね。

でもビルドマッスルHMBだと、筋肉を作る時に直接影響が出やすいアミノ酸を効率的に摂取できるので、トレーニングだけに集中しやすいというわけです。

筋トレ初心者だと、あれこれと溢れ出る情報に惑わされてしまいがちです。

一体どれだけタンパク質を摂取して、どのくらい炭水化物を摂れば良いのか?なんて間違いなく気になってしまいます。

それで気付いたら肝心なトレーニングすら止まっていたなんていう、困った事になっては意味がありません。

ウエイトトレーニングに集中

だから、シンプルに筋肉発達に重要な成分を摂取できるビルドマッスルHMBを使って、慣れるまで基本的なトレーニング種目に集中という形が初心者には良い流れになるはずです。

ただ、いきなりビルドマッスルHMBを使うのではなく、朝昼晩の食事で最初は高タンパク質の食品を意識して摂るという方法もありです。

今までの食事を見直してみて、実はタンパク質の摂取量が少なすぎだと思った時は、まずはサプリよりも食事を改善する方が良いでしょう。

そして、トレーニングを初めて、最初の壁にぶち当たった時、ビルドマッスルHMBを使い、スランプ脱出のきっかけにする感じですね。

初めて筋トレを始めたら、大体3ヶ月くらいで軽い伸び悩みが起こりがちなので、そこを初めてのサプリメントを買う時期の目安にしても良いと考えられます。

ビルドマッスルHMBは飲むだけでは意味なし

ビルドマッスルHMBは当然ですが、飲むだけでは意味なしです。

そりゃそうですよね、筋肉を作るには一度筋肉を破壊する必要があります。

その回復過程でビルドマッスルHMBが大活躍してくれるのだから、トレーニングとセットで活用してこそですね。

ビルドマッスルHMBだけでなく、プロテインですら一般の人達には筋肉増強剤みたいに思われていたりします。

普通に誰でも食品から口にしているタンパク質なのに、中身を知らないものは怪しいと認識されるのが世の中の常です。

だからこそ、多くの人がビルドマッスルHMBのようなサプリに手を出さないので、ある意味チャンスなんですよね。

勝手に効果的なものを知らないという理由だけで悪いものと決めつけて、全く手を出さないのだから、しっかりと正しい知識を手に入れてガッツリと鍛えちゃいましょう。

そして最短ルートで目標の身体に到達できれば言う事なしです。

筋肉の発達はトレーニング中には発生しません。

睡眠中に筋肉が発達する

トレーニング後、回復する時、いわゆる休息(睡眠)中に発達するわけです。

その時、必要な栄養が身体に入っていれば、効率的に強くなれるというわけです。

とにかくビルドマッスルHMBでもプロテインでも、単純に飲むだけじゃ意味がないという話でした。